大橋、2種目で大会新V「内転筋使えるようになった」

[ 2019年1月27日 05:30 ]

競泳 浜名湾長水路選手権第1日 ( 2019年1月26日 )

 女子の大橋悠依(23=イトマン東進)も手応えを感じる結果となった。200メートル個人メドレー2分9秒14、同バタフライ2分8秒78でともに大会新記録で優勝。今後は200メートルバタフライに挑戦する可能性があるという。

 200メートル個人メドレーの17年世界選手権銀メダリストは「バイクやランを積み重ねて、内転筋を使えるようになった。上体が浮いて、手もかけるようになった」と話した練習の成果を強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年1月27日のニュース