大坂「とっても疲れています」次は「全仏で優勝したい」

[ 2019年1月27日 05:30 ]

テニス 全豪オープン第13日 ( 2019年1月26日    オーストラリア・メルボルンパーク )

優勝トロフィーにキスをする大坂(AP)
Photo By AP

 【大坂に聞く】

 ――今の気持ちは?

 「信じられない気持ちです。後はとっても疲れています」

 ――ピンチの時のメンタルは?

 「マッチポイントを失ったけど、これと向き合わないと、と思いました」

 ――第3セットで考えたことは?

 「自分がサーブする時は、40―0から覆されたことはないと考えました」

 ――世界ランキング1位の目標がかなった。

 「正直、ランキングのことは考えていなかった。この大会に優勝することだけ考えていました」

 ――次の目標は?

 「全仏で優勝したいですね。次の目標はそこです。どのトーナメントも優勝したいです」

 ――チームへの思いは?

 「いろんなことがありました。この2週間は。メンタルで助けてくれました。テニスだけに集中できるようにしてくれました」

 ――今日の試合はマッチポイントにドラマがあったが。

 「ドラマとは思っていない。彼女のサービスゲーム(第2セット第9ゲーム)でマッチポイントを握ったが、キープしただけ。彼女は世界のベストプレーヤーの一人だし、ドラマとは思わない」

 ――第2セットを落としてイライラしなかったか?

 「第2セット中は少し考えてしまったが、第3セットはフレッシュな状態でスタートできた」

 ――全米を勝った時はほろ苦いと言っていたが、今回はどうか?

 「今はただ疲れたわ」

 ――第2セット後、どうやって気持ちを盛り返したのか?

 「自分の時間を楽しもうとした。去年は4回戦で負けた。今年は決勝まで行ったわけだし、そのこと自体でハッピーになろうとした」

 ――世界ランキング1位になる意味は?

 「まだしっかりと受け止められない。次の大会に出場したら、名前の横に“No・1”と書いてあるのを見て何かを感じるかもしれない」

 ――(抹茶アイスを食べて)いつ以来?

 「去年の11月以来でした」

 ――オーストラリアのファンは?

 「ここに来るたびに地元の人が応援してくれます。アジアパシフィックの大会だと、私を含めて東洋人を応援してくれます」

 ――日本のファンに日本語でメッセージを。

 「こんばんは。何か、ありがとうございました」

 《表彰式でメモの内容「忘れちゃいました」》勝利後に目を潤ませた大坂は表彰式では笑顔になった。「本当に暑い中、見に来て応援してくれた皆さんに感謝したいです」と観客に語りかけ、「(あいさつ用の)メモを読んできたけど、ほかの内容を忘れちゃいました」と、ちゃめっ気たっぷりに「なおみ節」で笑わせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月27日のニュース