大坂にV賞金3億円超…生涯10億円突破で日本女子最高

[ 2019年1月27日 05:30 ]

テニス 全豪オープン第13日 ( 2019年1月26日    オーストラリア・メルボルンパーク )

トロフィーを掲げる大坂(AP)
Photo By AP

 4大大会連覇により大坂の生涯獲得賞金が10億円を突破した。大会前の14日時点の生涯獲得賞金は768万2862ドル(約8億4500万円)。今大会の優勝賞金410万豪ドル(約3億2500万円)を加え、約11億7000万円になる見通しで、軽々と大台に乗った。

 これまでの日本女子で最高だった杉山愛の812万8126ドル(約8億9400万円)を抜いてトップ。女子で歴代世界トップのS・ウィリアムズは8823万3301ドル(約97億円)で、その背中は遠いが、グランドスラム制覇を続ければ夢の額ではない。日本男子最高の錦織は2176万5766ドル(約23億9000万円)。快進撃が続けば、男女を通じて国内歴代トップに立つ日も遠くはなさそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年1月27日のニュース