本田紗来 姉・望結との直接対決に葛藤 最初は“勝ちたい”も今は「納得いく演技ができたら」

[ 2018年11月11日 12:31 ]

チーズをイメージした衣装でイベントに出演した本田紗来
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子の本田真凜(17=JAL)の妹で末っ子の本田紗来(さら、11=京都醍醐ク)が11日、東京都内でイベントに出演。姉・望結(14=関大中)との直接対決が実現する全日本ジュニア選手権(23〜25日・福岡)に向け「最初は(姉の)望結に勝ちたい気持ちがあったが、今はお互いに納得いく演技ができたらいいと思う」と意気込みを語った。

 全日本ジュニア初出場の紗来は「初めてなのでどんな舞台かわからない」と話すが、姉・望結の存在が大きな支えになっている。「望結は女優とスケート両方で成績を残していてすごい。私はスケート一本なので、毎日スケートを頑張っている成果が出せたら良い」と姉の背中を見て成長を続けている。

 この日はチーズをイメージしたかわいらしい衣装を身にまとって「チーズの日」(11月11日)にちなんだイベントに出演。「母がチーズ料理を作ってくれるので大好き。モッツァレラはよく食べます。海外合宿に行ってもパンにチーズを乗せて食べています」とチーズ愛を語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年11月11日のニュース