宮原は淡々…後輩・紀平に敗れても「ずっと勝てるわけじゃない」前夜は会食で祝福

[ 2018年11月11日 11:52 ]

フィギュアNHK杯女子フリーで2位に入った宮原知子(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦・NHK杯(広島県立総合体育館)の女子2位だった女子の宮原知子(20=関大)が11日、会場で取材に応じた。

 前夜の戦いを振り返り「負けは負け。悔しいのは悔しいけど、ずっと勝っていけるわけじゃないので」と、淡々と語った。同じ浜田門下生の後輩、紀平に敗れたものの、他の大会と同様に1つの敗戦にすぎないと位置付けた。

 前夜は、試合後に浜田コーチ、紀平と一緒に食事をした。GPデビュー戦Vを飾った“妹弟子”には「おめでとう」と、祝福したという。

 次戦は12月5日開幕のGPファイナル(カナダ・バンクーバー)。「目標にこだわって演技ができた。自信を持ちたい」という今大会の収穫を手にして、初の頂点を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年11月11日のニュース