大鵬の孫 納谷 初日白星発進 今場所は言い訳はしない

[ 2018年11月11日 13:16 ]

大相撲九州場所初日 ( 2018年11月11日    福岡国際センター )

 大鵬の孫、三段目の納谷(18=大嶽部屋)が魁禅を押し出しで破り、白星発進した。立ち合いから突いて出て、そのまま一気に土俵の外まで走った。

 「しっかり足を出すことを意識していました。稽古もできていたので、体を動かすことができました」。デビューした3月の初場所から3場所連続で勝ち越し。幕下まで順調に出世したものの、先場所は壁にぶつかり3勝4敗と初めて負け越し。その原因にメンタルの弱さを挙げた。「(秋場所は)どこも気にするほど痛くないのに(負けが続くと)どこか痛いと言ったり。(負けると)言い訳にしていました。そういうのを気にせずしっかりやれれば」と反省を口にした。

 巻き返しを誓った今場所は、場所前の連合稽古で十両力士の胸も借りた。「レベルの違いを感じたので、もっと頑張らなきゃと思いました。立ち合いの速さもそうですが、弾く重さの違いも感じました」。再スタートの初日に好スタートを切り「まずはしっかり4勝して、(それから)全勝していきたい」と力強く話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年11月11日のニュース