紀平 16年ジュニアGPで世界初の大技決めた北京の星

[ 2018年11月11日 05:30 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第4戦・NHK杯第2日 ( 2018年11月10日    広島県立総合体育館 )

<フィギュアNHK杯第2日>女子フリー、演技を終え笑顔を見せる紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ◆紀平梨花(きひら・りか) 2002年(平14)7月21日生まれ、兵庫県西宮市出身の16歳。1メートル54。

 ☆競技歴 5歳の時に姉と一緒にスケート教室に参加したのがきっかけ。平昌五輪4位・宮原知子と同じ浜田美栄、田村岳斗コーチに師事する。

 ☆通信制高校 インターネットを活用した通信制のN高校に籍を置く1年生。ネット通信で授業を受け、決められた日数を大阪校舎に通う。

 ☆世界初の大技 16年ジュニアGPスロベニア大会フリーで、全6種類、8つの3回転ジャンプに成功。昨年12月のジュニアGPファイナルでは、トリプルアクセル―3回転トーループの連続ジャンプを決めた。ともに国際スケート連盟(ISU)公認大会では女子初。

 ☆北京の星 平昌五輪はISUが定めた年齢制限のため出場資格がなかったものの、昨年12月の全日本選手権でジュニアながら3位になった。 

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年11月11日のニュース