秋吉、首位守る「今度は自滅しないように、しっかり頑張りたい」

[ 2018年11月11日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 三井住友VISA太平洋マスターズ 第3日 ( 2018年11月10日    静岡県 太平洋C御殿場C=7262ヤード、パー70 )

13番、ティーショットを放つ秋吉(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 秋吉は6ホールで1つ伸ばし、第2ラウンドを68で終えた。通算8アンダーで首位をキープ。再開直後の13番でバーディーを奪い「緊張はあったが、いい形で再開することができてよかった」と笑みを浮かべた。

 4月の中日クラウンズで、首位で迎えた最終日に74とスコアを落とし、4位に終わった苦い経験がある。「2位との差が2打で今回と同じ。今度は自滅しないように、しっかり頑張りたい」と気合を入れた。

 ▼3位・藤本佳則 パットから再開というのはなかなかないので変な感じだった。(優勝の)チャンスが残ってよかった。(13番グリーンから再開して)

 ▼3位岩田寛 朝は調子が悪くて、池に入ると思って打ちました。(6番の第2打から再開し、5メートルにつけてバーディーを奪う)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月11日のニュース