山県、打倒・蘇炳添の誓い「アジア大会で負けて悔しかった」

[ 2018年11月11日 15:30 ]

打倒・蘇炳添を宣言した山県
Photo By スポニチ

 陸上男子短距離の山県亮太(26=セイコー)が11日、東京都内で陸上教室に参加し「アジア大会で負けた蘇炳添選手(中国)の走りから刺激を受けて自分の調子も上がった。もう一度リベンジしたい」と打倒アジア王者を掲げた。子どもたちからの質問に山県が答えるという形式でトークショーが行われ、戦ってみたい選手はという問いに「中国の蘇選手」と即答。「アジアで負けて悔しかった」と明かした。

 スタートに自信があった山県だったが、アジア大会ではスタートで蘇に10〜20メートル前に行かれた。「やはりスタート速いなと感じた。スタートでどれだけ前に出られるかがその後に影響する。(蘇とは)スタートで張り合おうと思ってます」と強化ポイントにスタートダッシュを挙げていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年11月11日のニュース