愛、逆転賞金女王に暗雲 13番で痛恨ダブルボギー、6打差まで後退

[ 2018年11月11日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 伊藤園レディース第2日 ( 2018年11月10日    千葉県 グレートアイランド倶楽部=6741ヤード、パー72 )

2番、ティーショットを打つ鈴木愛(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 13番で通算8アンダーとした鈴木が15番のパー5でつまずいた。

 残り73ヤード、54度のウエッジでの第3打がグリーン奥の池へ。打ち直した後の4メートルのボギーパットも入らずダブルボギー。「なんであんなにデカかったのか?」と信じられない口ぶり。18番ではまさかのシャンクも飛び出し6打差まで後退。逆転賞金女王へ向けて何としても欲しい優勝は苦しくなり、「最終日は?」との質問にも「あーっあ」と出るのはため息ばかりだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年11月11日のニュース