大逆転走の新谷「もう1回羽ばたけるように頑張る」

[ 2018年11月11日 14:43 ]

陸上 東日本女子駅伝 ( 2018年11月11日    福島市・信夫ケ丘競技場 )

新谷仁美
Photo By スポニチ

 第34回東日本女子駅伝は11日、福島市の信夫ケ丘競技場発着の9区間、42・195キロで行われ、東京が2時間18分45秒で10年ぶり9回目の優勝を飾った。2位に長野、3位には静岡が入った。

 最終9区(10キロ)の2012年ロンドン五輪代表で4年ぶりに現役復帰した新谷仁美(30、ナイキTOKYO TC)はトップと1分35秒差の5位でタスキを受け、一気にトップに躍り出た。

 00年に渋井陽子が記録した区間記録を18年ぶりに更新する快走を見せた新谷はレース後「ただただ長いなっていう気持ちで走りました。本当、走るのってきついなっていう思いでした」と感想。約5年のブランクを乗り越えての現役復帰レースでの快走に「つらさは特になかった。全部気分で押してってるんで」と笑顔を見せ、2年後の東京五輪に向けて「この大会から羽ばたいていく選手が多い中、私は1回羽ばたき終わった人間なんですが、もう1回羽ばたけるように頑張ります」と誓っていた。

【区間賞】

1区(6キロ)清水真帆(静岡)19分19秒

2区(4キロ)小林成美(長野)13分09秒

3区(3キロ)高松いずみ(長野)10分03秒

4区(3キロ)米沢奈々香(静岡)9分33秒

5区(5・0875キロ)和田有菜(長野)16分38秒

6区(4・1075キロ)保坂晴子(東京)13分28秒

7区(4キロ)会田佳世(東京)13分00秒

8区(3キロ)山中菜摘(埼玉)9分12秒

9区(10キロ)新谷仁美(東京)31分08秒=区間新

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「紀平梨花」特集記事

2018年11月11日のニュース