スイス選手がノロに感染 平昌五輪 選手の感染は初

[ 2018年2月16日 21:49 ]

スイス・オリンピック委員会は16日、平昌冬季五輪の代表2選手にノロウイルス感染が確認されたと発表した。

 国際オリンピック委員会(IOC)によるとスキーチームのメンバーで、選手では今大会初のケース。隔離措置を取って既に症状は落ち着いており、IOCの了承を得た上で出場する可能性があるという。選手村には宿泊していなかった。

 大会組織委員会によると、15日午後4時の時点で、会場の警備要員ら計244人の感染が確認されていた。このうち188人が回復し56人が隔離中。組織委関係者は「選手への感染を防ぐため努力している」としている。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月16日のニュース