卓球・張本 “同郷”羽生にエール「金メダル第1号になってほしい」

[ 2018年2月16日 15:12 ]

卓球チームワールドカップ会見での張本
Photo By スポニチ

 卓球界の若きエースも復活を遂げた羽生結弦(23=ANA)にエールを送った。16日、都内で団体W杯の記者会見に臨んだ張本智和(14=エリートアカデミー)は平昌冬季五輪について「羽生選手に注目している。けが明けで難しいとは思うが、金メダル第1号になってほしい。ファンだし応援している」と話した。羽生と張本は同じ仙台市出身。「羽生選手はコメントも格好いいし、演技も力強い」とべた褒めしていた。

 自身は初出場となる団体W杯に向け「出たらしっかりと相手のエースに勝ちたい。金メダルを獲れるように頑張りたい」と五輪2連覇を目指す同郷のヒーローに続く。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月16日のニュース