フェルナンデス 羽生との4点差は「大したことない」フリーでの逆転誓う

[ 2018年2月16日 17:59 ]

<平昌五輪フィギュアスケート>男子SPで2位につけたハビエル・フェルナンデス(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 平昌五輪フィギュアスケートSPでハビエル・フェルナンデス(26=スペイン)は首位に立った羽生結弦(23=ANA)に4・10点差で2位につけ「落ち着いて滑ることができた。4点差なんて、大したことない」と逆転での金メダルに自信を見せた。

 羽生とは同じブライアン・オーサー・コーチ(56)の門下生。今季はGPフランス杯では優勝も、初戦の中国杯で6位となったのが響き、4年ぶりにGPファイナル出場を逃した。だが、その後立て直し欧州選手権でも6連覇を飾った。

 フェルナンデスにとって今大会が3度目の五輪。前回のソチ五輪ではSPで3位につけたもののフリーではミスが出て4位に終わった。今年27歳になるフェルナンデスは「今回が最後の五輪になると思う。フリーではクリーンな演技をすることが最も大事。(フリーの行われる)あすは、素晴らしい日にしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月16日のニュース