日本勢は立崎芙76位最高、オべリ初優勝 ダールマイアー3位

[ 2018年2月16日 05:30 ]

平昌冬季五輪 バイアスロン女子15キロ ( 2018年2月15日 )

 バイアスロン女子15キロで初優勝し、笑顔を見せるスウェーデンのハンナ・オベリ(中央)
Photo By 共同

 女子15キロで、全員が自衛隊所属の日本勢は立崎芙由子が50分6秒9で76位、田中友理恵が80位、蜂須賀明香が81位、古谷沙理が85位だった。ハンナ・オベリ(スウェーデン)が41分7秒2で初優勝した。今大会の7・5キロスプリントと10キロ追い抜きを制したラウラ・ダールマイアー(ドイツ)は3位だった。男子20キロは立崎幹人(自衛隊)が64位だった。

 ◆ハンナ・オベリ(スウェーデン=バイアスロン女子15キロ)昨年の世界選手権はこの種目で55位。今季のW杯個人種目は21位が最高。趣味は読書、編み物。1メートル78、65キロ。22歳。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月16日のニュース