NBA球宴前の前半戦終了 ティンバーウルブスはレイカーズに逆転勝ち

[ 2018年2月16日 15:36 ]

今季自己最多の28得点をマークしたティンバーウルブスのギブソン(AP)
Photo By AP

 NBAは15日に2試合を行い、オールスターゲーム前までの前半戦を終了。西地区全体4位のティンバーウルブスは地元ミネポリスでレイカーズを119―111(前半62―65)で下し、36勝25敗で前半戦を折り返した。

 フォワードのタージ・ギブソン(32)が今季自己最多の28得点をマークすれば、ジミー・バトラー(28)も24得点。第2Q途中で15点を追う展開となったが、第4Qを35―20として試合をひっくり返した。

 レイカーズは23勝34敗。4連勝のあと3連敗を喫し、ロードでは今季9勝20敗となった。

 ナゲッツは敵地ミルウォーキーでバックスを134―123(前半72―62)で退け、3連勝で32勝26敗。センターのニコラ・ヨキッチ(22)が30得点、15リバウンドと自己最多の17アシストを稼ぎ、前半終了段階(16得点、10リバウンド、11アシスト)で早々と2試合連続今季5回目のトリプルダブルを達成していた。

 バックスは32勝25敗。球宴に出場するヤニス・アデトクンボ(23)も36得点、11リバウンドと今季自己最多の13アシストで通算9回目(今季初)のトリプルダブルを達成したが、第4Qで勝機は見いだせなかった。

 なおオールスターゲームは18日(日本時間19日)にロサンゼルスで行われ、レギュラーシーズンは22日(同23日)から再開される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月16日のニュース