小林兄弟、LHも出場 弟・陵侑好調、兄・潤志郎は助走に課題

[ 2018年2月16日 05:30 ]

平昌冬季五輪 ノルディックスキー・ジャンプ男子個人ラージヒル公式練習 ( 2018年2月15日    ヒルサイズ=HS142メートル )

男子ラージヒル公式練習 スタートする小林潤志郎
Photo By 共同

 初戦の個人ノーマルヒルで明暗を分けた初の五輪代表、小林兄弟が同ラージヒルに挑む。

 初戦で7位入賞を果たした弟・陵侑はこの日も好調を持続。3本全て130メートル以上をそろえる安定したジャンプを披露した。「アプローチでいいところに乗れている。気持ちもジャンプの調子も乗っている」と納得の表情。一方、初戦で2回目に進めなかった兄・潤志郎は「うまく乗れずに(助走)スピードが出ていない。滑りを修正したい」と課題を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月16日のニュース