長谷川翼、完全復活宣言「もう大丈夫」 インフルで13日に39度の高熱

[ 2018年2月16日 13:20 ]

長谷川翼
Photo By スポニチ

 スピードスケート男子短距離の長谷川翼(24=日本電産サンキョー)が16日、インフルエンザからの完全復活を宣言した。13日に39度の高熱を出し、検査の結果インフルエンザA型と判明。日本選手団の支援拠点「ハイパフォーマンスサポート・センター」に隔離されていたが、この日から会場での練習を再開。会場を引き揚げる際には、マスク姿で「もう大丈夫です。完全復活です」と言い切った。

 長谷川は500メートル(19日)と1000メートル(23日)に出場予定。昨年末の五輪選考会で34秒60をマークし、12年に加藤条治(33=博慈会)が出した国内最高記録を塗り替えて自身初の代表入りを果たした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月16日のニュース