木村玉光 5場所連続休場 左脚痛める

[ 2012年11月11日 12:12 ]

 日本相撲協会は大相撲九州場所初日の11日、三役格行司の木村玉光(62)=本名上田延秀、京都府出身、放駒部屋=が左脚を痛めて休場すると発表した。

 2月に脳梗塞の診断を受けて春場所から休んでおり、これで5場所連続の休場となる。

 診断書によると、左大腿部と左下腿部の挫傷で約30日間の休業を要するという。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年11月11日のニュース