北の湖理事長 賜杯争いは「意地がある」白鵬に軍配

[ 2012年11月11日 06:00 ]

11日初日 大相撲九州場所

 北の湖理事長(元横綱)は先輩横綱の白鵬を優勝候補筆頭に挙げた。

 土俵祭りを終えると「両横綱が軸になって大関陣を引っ張ってくれたら」と最高位の2人に期待を込めながらも「白鵬は3場所優勝から遠ざかっているし、意地がある。成績自体は悪いわけではない」と先輩横綱有利と予想した。

 新横綱の日馬富士については「緊張感と重圧があるので心配。序盤戦の5日間をどう乗り越えるかが鍵」と話していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年11月11日のニュース