ブラウン監督解雇 その日、レイカーズ2勝目

[ 2012年11月11日 06:00 ]

 レイカーズは9日、マイク・ブラウン監督(42)を電撃解雇。バーニー・ビッカースタッフ・アシスタントコーチ(68)が暫定監督に昇格した。

 ミッチ・カプチャクGM(58)は2年前に勇退したフィル・ジャクソン監督(67)が次期監督の最有力候補であることを認めており、今後の人事が注目されている。昨年就任したブラウン監督は今季、攻撃面で新戦術を導入したが機能せず、プレシーズンで8戦全敗。大型補強を敢行しながらの不振にフロントは対応を迫られていた。なお同日、レ軍は地元ロサンゼルスでウォリアーズと対戦。27得点のコービー・ブライアント(34)ら主力選手が奮起して101―77で快勝。今季6戦目でようやく2勝目を挙げた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年11月11日のニュース