日本代表、ルーマニアに勝つ 大野はキャップ数歴代3位

[ 2012年11月11日 00:54 ]

日本―ルーマニア タックルを受けながら突破を図るFWツイ=ブカレスト(日本ラグビー協会提供)

 ラグビーの日本代表は10日、ブカレストでルーマニア代表と対戦し、34―23で勝って欧州遠征初戦を勝利で飾った。

 日本は17―9で前半を終え、後半は一時1点差まで追い上げられたが、WTB小野沢(サントリー)のトライなどで突き放した。ロックでフル出場の大野(東芝)はテストマッチ出場62試合目となり、通算獲得キャップ数で歴代3位に並んだ。

 日本は17日にトビリシでグルジアとテストマッチを行った後、21日にバスク選抜、25日にフランスのプロリーグ選抜「フレンチ・バーバリアンズ」と顔を合わせる。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年11月11日のニュース