九州場所の新弟子検査 唯一受検の佐藤が合格

[ 2012年11月11日 14:29 ]

 日本相撲協会は大相撲九州場所初日の11日、今場所の新弟子検査でただ一人の受検者だった佐藤史靖(17)=千葉県富津市出身、玉ノ井部屋、183センチ、164キロ=の合格を発表した。3日目の13日から前相撲を取る。

 ことし通算の新弟子数は56人で昨年の60人を下回り、年6場所制が定着した1958年以降で最少となった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年11月11日のニュース