古川が1位通過 アーチェリー代表選考会

[ 2012年11月11日 22:10 ]

 来年秋にトルコで開催されるアーチェリーの世界選手権の代表1次選考会最終日は11日、静岡県掛川市のつま恋アーチェリー場で行われ、男子でロンドン五輪個人銀メダリストの古川高晴(近大職)が4025点で1位通過した。2004年アテネ五輪個人で銀メダルを獲得した50歳の山本博(日体大教)は8位で落選した。

 女子ではロンドン五輪団体銅メダリストの早川漣(長崎・佐世保商高職)や川中香緒里(近大)らが通過した。男女の上位6人が来年4月の最終選考会に出場する。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年11月11日のニュース