柔道男子の高松が引退 10年世界選手権銅メダル

[ 2012年11月11日 20:02 ]

 柔道の2010年世界選手権81キロ級銅メダルの高松正裕(30)=神奈川・桐蔭学園高教=が11日、講道館杯全日本体重別選手権90キロ級の2回戦で敗退後に「これが最後。今後は世界で闘える選手を育てたい」と述べ、現役引退を表明した。

 高松は埼玉県出身。背負い投げを武器に活躍し、04年アテネ五輪は73キロ級で出場。今後は桐蔭学園高で後進の指導に専念する。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年11月11日のニュース