木戸、善戦マン返上「海外遠征のチャンスもらえたら」

[ 2012年11月11日 06:00 ]

男子60キロ級決勝 志々目徹(右)を破り優勝した木戸慎二

柔道 講道館杯全日本体重別選手権第1日

(11月10日 千葉ポートアリーナ)
 男子60キロ級を制した木戸は「これまでは強い相手に善戦するだけで満足していたけど、後輩から“僕らの主将は一番強くあってほしい”と言われたので」と“改心”を口にした。

 シニア強化指定選手として「道場の隅っこにいた」と声を掛けてくれたという井上監督は尊敬する存在。卒業後はパーク24入りする木戸は「これで海外遠征とかのチャンスももらえたら」と希望を口にした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年11月11日のニュース