同部屋かど番2大関 2番連続ですくい投げ食らう

[ 2012年11月11日 19:41 ]

大相撲九州場所初日

(11月11日 福岡国際センター)
 休場明けとなった琴奨菊、琴欧洲の同部屋かど番2大関は仲良く2番連続ですくい投げを食らい、最悪の初日となった。

 先に敗れた琴欧洲は「勝ち急いだというか…」と渋い表情。腰高のまま寄って出て、土俵際で逆転された。ご当地場所の琴奨菊は栃煌山を押し込めず、転がされた。「しっかり気持ちを切り替えて…。(大声援を受け)頑張らないと」と言葉少なだった。

 北の湖理事長(元横綱)は「相撲になりきってない。いいところなし」と切って捨てた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年11月11日のニュース