メダル期待!女子の笠原&浜田、初の五輪代表

[ 2011年12月11日 06:00 ]

テコンドーのロンドン五輪代表に決まった笠原江梨香

 全日本テコンドー協会は10日の理事会で、ロンドン五輪代表に女子49キロ級の笠原江梨香(21=大東大)と同57キロ級の浜田真由(17=佐賀・高志館高)を選出した。ともに初代表で、高校生の五輪代表は初めて。

 男子は出場枠を獲得できなかった。笠原は11月の五輪アジア予選(バンコク)で準優勝し、上位3人の国・地域に与えられる五輪出場枠を獲得。浜田も同予選で3位に入り、出場枠を確保した。金天九(キム・チョング)監督は「2人とも技の精度が高く、メダルを獲れる可能性がある。ロンドンで羽ばたいてほしい」と期待した。

 ◆笠原 江梨香(かさはら・えりか)10年広州アジア大会は銀メダル。大東大。1メートル64、49キロ。21歳。静岡県出身。

 ◆浜田 真由(はまだ・まゆ)10年世界ジュニア選手権3位。佐賀・高志館高。1メートル74、55キロ。17歳。佐賀県出身。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース