“本命”トゥクタミシェワ、まさかの最下位発進

[ 2011年12月11日 06:00 ]

フィギュアスケートGPファイナル第1日 女子SP

(12月9日 カナダ・ケベック)
 浅田が欠場し、優勝候補の本命と目された14歳のトゥクタミシェワはまさかの最下位発進に「少し緊張していた。いつものようにうまくジャンプで着氷できなかった」と表情を曇らせた。

 高難度の2連続3回転ジャンプを軽々と成功させたが、続く2つのジャンプで失敗。表現力を示す得点も大きく見劣りした。逆転優勝が懸かるフリーに向け「最善を尽くし、SPでできなかったことを決めたい」と自らを発奮させるように語気を強めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース