セーリング世界選手権、日本2競技で五輪枠獲得

[ 2011年12月11日 06:00 ]

 セーリングの世界選手権は10日、オーストラリアのパース沖で行われ、男子470級と女子レーザーラジアル級で、日本が来年のロンドン五輪出場枠を獲得した。

 五輪開催国の英国を除く19カ国・地域が出場枠を得る男子470級で、日本は松永鉄也、今村公彦組(スリーボンド)が16位。29カ国・地域に出場枠が与えられる女子レーザーラジアル級では蛭田香名子(豊田自動織機)が57位で、国・地域別で英国を除いて28位になり、ともに出場枠の獲得条件をクリアした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース