広瀬 急性胃腸炎で試合開始約10分前に棄権

[ 2011年12月11日 19:38 ]

全日本総合選手権最終日

(12月11日 代々木第二体育館)
 女子シングルスで4連覇を狙った広瀬は、急性胃腸炎で試合開始約10分前に棄権した。

 日本協会によると、11日未明に吐き気と下痢の症状が出たという。朝になって東京都内の病院で点滴を受け、試合前のウオーミングアップもしたが、所属先の判断で棄権を決めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース