イケシオ初V!田児4連覇

[ 2011年12月11日 17:11 ]

混合ダブルスで優勝した池田(左)、潮田組

 バドミントンの全日本総合選手権最終日は11日、東京・代々木第二体育館で各種目の決勝を行い、ダブルスは混合で池田信太郎、潮田玲子組、女子で21歳の高橋礼華と19歳の松友美佐紀のペアと、いずれも日本ユニシス勢が初制覇。 男子シングルスは田児賢一(NTT東日本)が4連覇した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース