西山将、連覇達成!五輪代表争い“並んだ”

[ 2011年12月11日 06:00 ]

<男子90キロ級>優勝した西山将

柔道グランドスラム東京大会第2日

(12月10日 東京体育館)
 男子90キロ級は西山将が2連覇し、世界選手権銀の西山大、同銅の小野に五輪代表争いで並んだ。

 ただ「ビビってしまって、練習してきた技をつなぐ柔道ができなかった」と不満そうで、篠原監督も「もう少し技が切れれば」と話した。3回戦負けの小野は「勝てばアピールになったが」と笑顔なし。2回戦で一本負けした西山大は「ロンドンに近づきたかったけど」と涙を浮かべた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース