昨季王者どうした…浜松、ホームで大敗し3連敗

[ 2011年12月11日 06:00 ]

 男子プロバスケットボールのbjリーグは10日に行われ、昨季王者の浜松はホームで滋賀に70―90と大敗し、3連敗となった。滋賀は5連勝。今季新規参入の岩手は沢口誠(20)が19得点と活躍し、大分を82―68で下して3連勝とした。東地区首位の秋田は宮崎に87―89で競り負けた。京都は千葉に91―78で快勝し、9連勝とした。

 浜松は滋賀に20点差をつけられ完膚なきまでに叩きのめされた。これで3連敗。昨季まで浜松でプレーしていたニクソンに3P7本を含む25得点を奪われ、リバウンドの数も33―47では厳しい。河合ヘッドコーチは「相手の集中力がうちより上回っていた。チームで頑張って(全体が)カムバックしてくるのを待ちたい」と“辛抱”を強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース