暁斗、粘って6位!善斗も健闘10位→8位に

[ 2011年12月11日 06:00 ]

W杯複合の個人第5戦で6位の渡部暁斗(左)と8位の渡部善斗

 ノルディックスキーW杯複合は10日にオーストリア・ラムソーで個人第5戦を行い、日本勢は前半飛躍(HS=98メートル、K点=90メートル)で5位につけた渡部暁斗(北野建設)が6位に入った。

 前半4位のヤン・シュミット(ノルウェー)が後半に逆転し、W杯初優勝を果たした。前半10位だった渡部善斗(早大)は後半で2つ順位を上げて8位と健闘した。湊祐介(東京美装)は15位、加藤大平(サッポロノルディックク)は22位、高橋大斗(土屋ホーム)は31位。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース