緒方 2年ぶりVも反省「いつ負けても…」

[ 2011年12月11日 22:17 ]

グランドスラム東京大会最終日

(12月11日 東京体育館)
 2年ぶりに大会を制した緒方だったが、より完璧な組手から攻めるイメージを実現できず「課題が残る。いつ負けてもおかしくない内容だった。優勝したいという気持ちだけで勝った」と苦笑いを浮かべた。

 勝って反省する21歳を、日本女子の園田監督は高評価。「世界選手権も準優勝だし、この階級の第一人者にふさわしい」とロンドン五輪代表を念頭に語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース