真央の世界選手権出場は…連盟、特例検討を示唆

[ 2011年12月11日 06:00 ]

真央、母急死から一夜

 浅田が欠場する可能性がある全日本選手権は、来年3月の世界選手権(フランス・ニース)の代表最終選考会だ。日本スケート連盟の規定では、世界選手権代表入りには全日本出場が必須条件。浅田が欠場した場合の特例措置について、伊東秀仁フィギュア委員長(50)は「今は何も言えない」と明言を避けながらも、検討する可能性を示唆した。

 世界選手権の代表は、GPシリーズの成績などから、日本連盟が総合的に判断して決定する。浅田はNHK杯2位、ロシア杯優勝とGPシリーズで結果を残しており、全日本に出場すれば代表入りが有力。欠場した時も代表入りの可能性を残すかどうか、近日中にも日本連盟内で話し合いが持たれそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース