理恵、今季“締め”の床で「笑顔で美しい体操を」

[ 2011年12月11日 06:00 ]

<豊田国際体操>跳馬の演技を終えて笑顔の田中

豊田国際競技会第1日

(12月10日 豊田市総合体育館)
 女子跳馬に出場した田中は13・275点で、世界選手権同種目銅のファンに及ばず2位だった。

 在籍する日体大大学院の修士論文執筆に時間を割かれ、トレーニング量が減っており「調子は良くなかったけど出来はまあまあ」と振り返った。11日は床運動に出場し、今季は終了。「自分らしく笑顔で美しい体操を見てもらえるように頑張りたい」と奮闘を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース