チャン、フェンス激突しても首位「調子いい」

[ 2011年12月11日 06:00 ]

男子SPで首位に立ったパトリック・チャン

フィギュアスケートGPファイナル第1日 男子SP

(12月9日 カナダ・ケベック)
 チャンが驚きのミスを犯しながら好発進した。

 最初に跳んだ高難度の4回転―3回転の連続ジャンプは決まったが、3回転の着氷後に近づきすぎたフェンスに激突。演技後は頭を抱えて苦笑いした。「調子はいい」との言葉通り、2連覇へ大きく前進。大会前はカナダへの不満を漏らしたインタビュー記事が波紋を広げたが、地元ファンの温かい声援を追い風に演技を楽しんでいる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年12月11日のニュース