大学Information

【近畿大学】美容師の悩みから生まれたハンドケア液発売

[ 2017年7月14日 05:30 ]

ピュエリーハンドケアエッセンス
Photo By 提供写真

 近畿大学薬学部(大阪府東大阪市)が技術協力したマリンコラーゲン配合のハンドケア美容液が7月14日、フェザー株式会社(大阪府大阪市)から発売された。

 発売元は半世紀にわたり美容室を通して女性の美を追求してきたウイッグメーカー。美容師を悩ます手荒れ問題を考えるうち、さまざまな分野で手荒れ・乾燥に悩んでいる人が多いことを知り、ハンドケア商品の開発に取り組んだ。

 配合する成分を国産、天然由来にこだわり、ハンドケアに最適なコラーゲンを探すなかで、産学連携で女性のためのスキンケア商品の研究開発を行ってきた薬学部医療薬学科の多賀淳准教授と共同開発を開始。約1年の研究の間に、薬学部学生によるモニターテストなどを経て改良を重ね、商品発売に至った。

 薬学部が開発したマリンコラーゲンと、フェザー社がウイッグに採用してきた非加熱・薬品無添加で精製された純国産シルクプロテインなどの保湿効果で、手に潤いと柔らかさを届ける。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る