PR:

【東日本国際大学】地域振興戦略研究所が調査研究発表会を開催

 東日本国際大学地域振興戦略研究所(福島県いわき市/所長:吉村作治)は7月26日「第2回調査研究発表会」を開催した。発表会には地域の方も多数参加し、同研究所研究員によるいわき地域活性化の多彩な復興ビジョンに耳を傾けていた。

 同研究所は、地域社会の活性化、特にいわき市およびその周辺の町村の振興策を、同大の教職員や外部研究員とともに調査研究するために設置したもの。地域社会のニーズの洗い出し調査と全日本的なニーズ・アンド・サプライの研究を行っている。学生も参加し、あらゆる観点から地域を考えていく地元中心のシンクタンクとして活動している。

 発表会ではまず、吉村学長から開会の言葉があり、緑川浩司理事長からは「今後も、大学として『地域とともに』『地域のために』人間の復興を目指して進んでいきたい」とあいさつがあった。

 研究員からは「いわき・中之作プロジェクトにおける家を受け継ぐ仕組み作り」(柏木裕之研究員)、「いわき地域を中核とした大規模観光圏の構想」(田部康喜副所長)、「グローカルの推進 第二次調査研究 グローカル・イノベーションに向けて」(三重野徹研究員)、「原発事故による避難指示自治体の現状と課題」(今野久寿研究員)の4題の発表があった。

[ 2017年8月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:05月21日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス