PR:

【筑波学院大学】子ども食堂に協力 11月、子供ビストロ開設

 筑波学院大学(茨城県つくば市、学長:大島愼子)は11月から、地域の子どもたちへ食生活の魅力と国際交流を啓発するために月1回子どもビストロを開始し、100円または無料の食事を提供する。

 これは仕事、家事、子育てで忙しい毎日を過ごしている家庭や事情のある家族を対象にした取り組みで、日常、国際交流には縁のない子どもたちに新しい機会を提供することと、子どもたちとの交流を通した留学生の日本社会理解を促進するねらいがあり、最近、各地で開かれている「子ども食堂」としての機能も持たせる意向である。

 筑波学院大学では、学生食堂にフランス家庭料理を導入し、手作りの本物の味を提供しており、食堂は毎日21時まで営業している。一方、地域のサッカークラブである「つくばフットボールクラブ」と連携し、「Tフィールド」といわれるサッカーグラウンドでは夕方に小学生チームが練習しており、終了後には食事を提供している。

 このたび、ベトナム人留学生の発案で、試験的に「子どもビストロ」(仮称)を月に1度、18時から19時30分に開催し、留学生が日本人の子供とふれあいながら、食を通じて、国際交流にも役立てるプロジェクトを立ち上げることになった。初めは、カレーライスなど学食が提供するメニューだが、留学生がつくるベトナム料理なども提供したいと考えている。大学への送迎についても検討している。

 留学生担当の金久保准教授は「子ども食堂は、実際には子供が参加しにくい状況も散見され、また情報が届きにくいという問題を抱えていると聞いている。本学では、学生が地域で活動するオフ・キャンパス・プログラムを12年継続している。現在は留学生の活動も盛んである。このたび留学生の日本社会理解の一環としても、地域の子供たちと食を通じたプロジェクトを立ち上げることにした。近い将来、無料のアジア料理パーティーなども計画したいと考えているが、まず試験的に11月から開始するつもり」と語っている。 情報提供元:大学プレスセンター

[ 2017年9月1日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:09月26日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス