こだわり旬の旅

【島根】マイナスイオンで美肌効果?龍頭が滝は“裏側”も迫力満点

[ 2020年1月1日 09:56 ]

雄滝、雌滝からなる龍頭が滝。マイナスイオンを浴びてチョー気持ちいい!
Photo By スポニチ

 出雲路には名湯とともに名瀑もあった。JR木次(きすき)線木次駅から車で約30分の龍頭が滝(雲南市)。落差40メートルの雄滝と30メートルの雌滝からなっていて、中国地方随一の名瀑といわれるように、斐伊川水系の三刀屋川支流の滝谷川から流れ落ちるサマは華麗かつ豪快。近くの八重滝とともに「日本の滝100選」に選ばれている。

 特に雄滝は滝の裏にある広さ約165平方メートルの洞穴からも見ることができ、「裏見の滝」との名も。実際に裏側に回ってみると、爆音と激しい水しぶきで迫力満点。洞穴の奥には滝観音が祭られ、優しい表情に心が和んだ。一方、雌滝は段になって流れ落ちる。上部は岩陰に隠れて見えなかったが、2つの瀑布からマイナスイオンをたっぷり浴びて気分スッキリ。ストレスも吹き飛んでいく。美肌にも効果がありそうだ。問い合わせは雲南市観光協会=(電)0854(42)9770。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る