鹿島“鉄人GK”曽ケ端 10度目のフルタイム出場記録達成

[ 2014年12月7日 05:30 ]

<鹿島・鳥栖>奇跡の逆転Vならず。鳥栖に敗れガックリの柴崎(左)と曽ヶ端

J1最終節 鹿島0―1鳥栖

(12月6日 カシマ)
 今季最終節で年間リーグ戦フルタイム出場の記録が達成された。鹿島GK曽ケ端は今季も全34試合フルタイム出場。鉄人GKは08年から7年連続、通算10回目と大台に乗せた。

 38歳の名古屋GK楢崎は2年連続、通算6回目のフルタイム出場。歴代最年長フルタイム出場の98年ハーフナー・ディド(札幌GK)の41歳に迫ってきた。横浜DF中沢は自身初のフルタイム出場を36歳にして達成。これはフィールドプレーヤー(FP)では歴代最年長(従来は31歳)。同時に達成した33歳の浦和MF阿部がFP2位にランクされた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月7日のニュース