GK東口がMVP級の輝き 移籍1年目で感涙「うれしい」

[ 2014年12月7日 05:30 ]

<徳島・G大阪>後半、安定したセーブを見せた東口

J1最終節 G大阪0―0徳島

(12月6日 鳴門大塚)
 GK東口が堅守でG大阪の優勝に貢献した。強風と寒さ、さらに優勝の重圧で本来の攻撃サッカーができない中、DF陣との連携で安定した守備を披露。新潟から移籍1年目でのリーグ制覇に、試合後は目に涙をため「一人で守っているわけではない。体を張ってくれたディフェンスのおかげ。苦しかった序盤を乗り越えての優勝はうれしい」と喜びに浸った。

 チームに安定感をもたらした守護神を長谷川監督も絶賛。「中盤以降はチームになじんでDF陣を締めてくれた。感謝している」とシーズンのMVPに挙げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月7日のニュース