浦和L「何としても…」意地の3位!4発で岡山湯郷に快勝

[ 2014年12月7日 05:30 ]

後半、4点目のゴールを決め喜ぶ浦和・臼井(中央)

国際女子クラブ選手権 3位決定戦 浦和4―0岡山湯郷

(12月6日 味フィ西)
 浦和のゴールラッシュの口火を切ったのは、主将の後藤だった。0―0の前半、強烈なミドルシュートは相手に当たって角度が変わり、GKの手をかすめゴールラインを割った。「何としても3位にはなりたかった」という意地でこじ開けた。

 過去2大会はなでしこリーグ代表のINAC神戸がいずれも決勝に進んでおり、3位という結果も手放しで喜べない。吉田監督は「最低限でも決勝に行かないといけないと思っていた。まだ力不足」と総括した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月7日のニュース