なでしこ連覇へ恵まれた組み合わせも…佐々木監督「侮ってはいけない」

[ 2014年12月7日 07:04 ]

来年の女子W杯カナダ大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が行われ、日本はスイス、カメルーン、エクアドルと同組に(AP)

 来年6月開幕の女子W杯カナダ大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が6日、カナダのオタワで行われ、なでしこジャパンはC組に入り、スイス、カメルーン、エクアドルと同組となった。

 FIFAランキング3位の日本に対し、スイスは18位、カメルーン51位、エクアドル49位。恵まれた組み合わせとなったが、「名前を聞いただけではすごくやりやすい相手だが、侮ってはいけない」と佐々木則夫監督(56)に慢心はない。11年ドイツ大会に続く連覇を目指す指揮官は「1次リーグでしっかり1位をキープし、いい条件で決勝トーナメントを目指すことを全員で心することが大事」と話した。

 大会は6月6日(同7日)に開幕。1次リーグは24チームが6組に分かれ、各組上位2チームと3位のうち成績上位の4チームの計16チームが決勝トーナメントに進む。決勝は7月5日(同6日)にバンクーバーで行われる。

 ◆女子W杯1次リーグの組み合わせ◆

 ▽A組 カナダ、中国、ニュージーランド、オランダ
 ▽B組 ドイツ、コートジボワール、ノルウェー、タイ
 ▽C組 日本、スイス、カメルーン、エクアドル
 ▽D組 米国、オーストラリア、スウェーデン、ナイジェリア
 ▽E組 ブラジル、韓国、スペイン、コスタリカ
 ▽F組 フランス、イングランド、コロンビア、メキシコ

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月7日のニュース