長野 好機生かせず…美濃部監督「相手が全て上回っていた」

[ 2014年12月7日 16:59 ]

讃岐に敗れてJ2昇格はならず、肩を落とす長野イレブン

J2・J3入れ替え戦第2戦 長野0―1讃岐

(12月7日 丸亀)
 昇格の好機を生かせず、長野の選手はがっくりと肩を落とした。シュート数で上回りながら得点できず、美濃部監督は「相手が全て上回っていた」と素直に認めた。

 日本フットボールリーグで優勝した昨季はJ2ライセンスを保持しておらず、その時に2位だった讃岐が入れ替え戦に進出してJ2昇格を果たした。因縁の相手に屈した指揮官は「下を向いている暇はない」と来季の飛躍を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月7日のニュース