柳沢 雪のピッチで“らしく”引退「感謝の気持ちでプレー」

[ 2014年12月7日 05:30 ]

現役最後の試合を終えた仙台・柳沢

J1最終節 仙台0―2広島

(12月6日 Eスタ)
 今季限りでの現役引退を表明した仙台のFW柳沢は雪が降る中、後半19分に途中出場した。雪で荒れたピッチでのプレーとなり、得点は奪えなかった。

 富山第一高出身のストライカーは「雪国生まれの僕らしい。最後の花道をつくってもらい、感謝の気持ちでプレーした」とすっきりした表情で話した。19年のに及んだプロ生活。最後の4年間を過ごした仙台のサポーターへ試合後に「幸せな時間を過ごせました」とあいさつし、笑顔でスタジアムを後にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月7日のニュース