大宮、残留神話崩壊も“最終節不敗”は継続 J2で出直し

[ 2014年12月7日 05:30 ]

<大宮・C大阪>試合には快勝したものの降格が決まりサポーターに頭を下げる大宮の選手たち
Photo By スポニチ

J1最終節 大宮2―0C大阪

(12月6日 NACK)
 大宮は05年のJ1初昇格以来、9シーズン連続2桁順位ながら終盤の粘りでJ2降格を逃れてきたが、10シーズン目でついに降格となってしまった。

 第26~28節に3連勝して一時は14位まで順位を上げたが、そこから前節まで1分け4敗。過去9シーズンは残り5試合で最低でも勝ち点6をマークしていたが、最終節の勝利を含めても今季は5試合で勝ち点4、6以上ならば今季も残留圏内だった。J1の10年間での最終節成績はこれで通算6勝4分け。“最終節不敗神話”は継続するもJ2で出直しを図ることになった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月7日のニュース